夜勤 生活

【感想】めめホットチャージプラス【男性も使えます】

・夜勤中に暗い中でパソコンを使うから目が疲れます
・なんだか最近寝つきが悪いかも
・仮眠中に使えるアイマスクが欲しい

こういった悩みにお答えしていきます。


✔本記事の内容

・めめホットチャージプラスのメリット5つ

・めめホットチャージプラスのデメリット4つ

めめホットチャージプラスを使用して2ヶ月が経ちました。


僕はもともとドライアイがあるのと、夜勤という暗い環境下でパソコンを使うので、日頃から目の疲労を感じています。


そんな中、目のケアもできるしアイマスクにもなるこの「めめホットチャージプラス」を見つけました。


結論を言うと、買ってよかったなと思う商品です。


その理由をメリット、デメリットにわけてそれぞれ話していきます。

【感想】めめホットチャージプラスを購入して良かった点

良かった点は以下の5つです。

①入眠が早くなった 

②とにかく気持ちいい

③電池の持ちが良い

④どこでも手軽にホットアイマスクを使うことができる

⑤長期使用するのならコスパは良い

④と⑤は他商品と比較しての良い点です。


順番に解説していきます。

入眠がはやくなった

入眠がはやくなりました!


なぜこれがわかるかというと


・「眠れない」と思うことがあまりなくなった
・翌朝、ホットアイマスクの電源が切れた瞬間を覚えていない



2つ目に関して「はて?」と思いますよね。笑


もう少し詳しく説明していきます!


「めめホットチャージプラス」は、1回電源を入れると10分間持続します。


そして、10分経つと勝手に電源が切れ、ゆーっくり冷えてきます笑


なので、電源が切れた瞬間、つまり10分経過したことが体感的にわかるんです。


そして、この「冷えてくる感覚」を次の日にまったく覚えていないんです。


もし寝つけていなかったら、この冷えてくる感覚があったことを覚えていると思うんですよね。


ただ、正直言うと毎回10分で寝つけるわけではありません。


そういうときは、電源が切れたらもう一度、「ポチッ」とボタンを押します。


そうすると10分延長です。

だいたい2サイクルの間に眠っています笑

なので、入眠時間に換算すると、目を閉じてから20分以内にはだいたい眠れています。


実は、「アイマスクが冷める瞬間がわかること」によるメリットがもう1つあるんですよ。


それは、眠れていない時間が体感的にわかることです。


眠れていないときは


「あー眠れない。どれくらい時間が経ったんだろう」


と思ってついついスマホを見てしまう。


あなたも1度はやったことありませんか??


これが良くないんですよね。


眠ろうとしているのにわざわざ自分からブルーライトを浴びに行く行為が。


このせいで目が覚めてしまい、さらに寝つきが悪くなります。


一方、めめホットチャージプラスは、アイマスクが冷めれば10分経ったことが時計を見なくてもわかります。


それがわかることで安心感へと繋がり、入眠もしやすくなります。


熱く語りすぎてしまいました。
次に行きましょう!!

とにかく気持ちいい

とにかくめちゃくちゃ気持ちいいんです。


初めて使ったときは


「ただ目を温めているだけなのにこんなに気持ちいいの?!」


と思ったくらいでした。


体感的にどういう感じに近いかというと


・美容室で顔そりしてもらう時に顔に置くホットタオル
(男性しかわからないかもしれませんね)
・レストランで出てきたホットタオルで顔を拭いた瞬間
(おっさんですみませんm(_ _)m)


女性にはほとんど参考にならないかもしれませんが・・・笑


まぁこれは少しオーバーに表現しましたけど、かなり気持ちいです。


なので、僕は眠る前だけではなく、日中でも「なんか少しリラックスしたいな」という時には使っています。


作業の合間とかもぴったりです。


10分で勝手に切れるので、気持ちにメリハリもつきます。

電池の持ちが良い


連続使用2時間と説明書には記載されています。


ワイヤレスイヤホンの連続使用時間に慣れてる方からすると、「たった2時間かぁ」って思うかもしれません。


けど待ってください!!


すでに言ったように、めめホットチャージプラスの1回の持続時間は10分です。


仮に毎日1回使ったとすると、7日で70分(1時間10分)、14日で140分(2時間20分)


つまり、10~12日に1回のペースで充電しておけばいいんです。


これってかなり楽じゃないですか?


たまに1日に2回使うよっていう人でも、10日までに1回充電しておけばいいんです。


充電するストレスが少ないので、これも良い点ですね!

どこでも手軽にホットアイマスクを使うことができる

このアイマスクは、充電さえしておけばコンセントがない場所でもどこでも使えます。

車や飛行機の中などの移動中でもです。


ポーチも入っているので、まとめて持っていけるし、全然かさばらないので持ち運びも楽です。

長さ約20cm、厚み約3~5cmなので、バッグの中でもかさばりません(^O^)


僕は夜勤の日に必ず持って行って、仮眠休憩中に使っています。


疲れもあるのでしょうけど、一瞬で落ちます


ちなみに、コンセントに差しながらでも使えるので、うっかり充電を忘れていても大丈夫です

長期使用するのならコスパは良い

他商品でたとえば「めぐりズム」だと、16枚で約1500円です。


毎日使うとしたら、1ヶ月で3000円してしまうので、長期的に使用するのであれば、めめホットチャージのほうが安く済みます。


ちなみに、めめホットチャージプラスはアマゾンで約5000円です。


他にも3000円くらいのホットアイマスクもあります。

 

このトトロの方が正直かわいいし安いけど、めめホットチャージプラスはマッサージグッズでよく見かけるATEXの商品なので、なんとなく安心感があり、僕はこちらにしました笑。


他にも「あずきのチカラ」というホットアイマスクもあります。

 

これはレンジでチンするだけなのですけど


・毎回チンするのが面倒くさい
・加温中に様子を気にしなければならないのが面倒くさい
・電子レンジに食べ物以外を入れたくない



という理由で僕は候補から外しましたm(_ _)m


「ボタンを押すだけ」という手軽さから、僕は「めめホットチャージプラス」を選びましたけど、ここらへんは好みですね(^_^;)

【感想】めめホットチャージプラスを購入して良くなかった点

あまり良くなかったところは次の4つですね。

①アイマスク効果で朝日に気づかない可能性もある

②ドライアイに対する効果は実感なし

③慣れるまでは熱い

④男性も使えるけど、少々きつい

これも順番に話していきます。

アイマスク効果で朝日に気づかない可能性がある

大抵、朝になると寝返りでアイマスクが外れています。


けど、たまに朝まで顔にしっかりついたままのことがあります。


こういうとき、アイマスク効果が裏目に出てしまい、翌朝、朝日に気づくことができません。


朝日で起きたい方や、光るタイプの目覚まし時計を使っている人にはもしかしたら不向きかもしれません。

ドライアイに対する効果は実感なし

実感はほとんどないです。


一応、ドライアイに対するホットアイマスクの効果はこういった感じであります。
VDT 作業者の蒸しタオル装用による目の愁訴,視機能,作業効率改善効果


一言でいうと、毛様体筋などの血流改善などにより、視機能・作業効率が改善された、ということですね。


まあ、使っていて気持ちいいので、良しとしましょう。

慣れるまでは熱い

ホームページを見ると、アイマスクの温度は約43.5℃だそうです。


ホットアイマスクに慣れていない人にとっては、最初は熱く感じるかもしれません。


僕も最初は結構熱く感じましたが、今は慣れました。

男性も使えるけど少々きつい

女性用ではないため、男性も使えるそうです。


という理由もあり、僕はめめホットチャージプラスを選んだのですけど、「正直ちょっときついかな」という印象です。


まあ、もう慣れたんですけどね。


なので、男性でも使えるけど、頭が大きい人や、目が圧迫されるのが嫌な人にはおすすめしません。


ちなみに、サイズはマジックテープで変更可能です。

「めめホットチャージプラス」の感想は以上です。


ホットアイマスクは欲しいけど、コストや場所の制限で困っている人にとってはいい商品だと思います。


個人的にはこの値段なら買いかなと思います。


もう少し安いのがいいのであれば、先ほど紹介したような物もあります。


おそらく機能的にはそこまで変わらないと思うので、あとはみなさんの好みになりますね(^O^)

 

Follow me!

-夜勤, 生活

© 2021 メナブロ Powered by AFFINGER5